高校生のためのSNS、サクラサークル

ネットマナー講座

ソーシャルメディアの利用について

ソーシャルメディアとは、インターネット上で情報を発信、閲覧できる、ブログや掲示板、TwitterやFacebook、LINEなどのサービス全般を指します。中でも、相互にお友達になることを前提とした、Facebookやmixiなどのサービスは、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)と呼ばれます。

これらのサービスは、現実世界と同様に、或いはそれ以上にルールやマナーに注意して利用しなければ、思わぬトラブルに巻き込まれる場合があります。下記の注意事項は、どのソーシャルメディアを利用する際にも、共通して守りましょう。

1、誹謗中傷、悪口、差別的な投稿をしてはいけません

誰かを傷付けてしまうような内容、人格攻撃や誤解を招くような投稿をしてしまわないように注意しましょう。何かを否定、批判したい時は、感情的な言葉ではなく、理性的に相手の気持ちを考え、相手に理解を得られるような言葉を選ぶようにしましょう。

2、個人情報の取り扱いについて

インターネット、及びソーシャルメディア上に公開した個人情報、投稿した画像などは、公開範囲を指定しない限り、基本的には誰でも見られる状態になります。誰かに見られたら困る情報、悪用されたら困る画像などは、投稿しないようにしましょう。お友達と撮った写真をアップロードする場合も、必ずお友達に許可を取ってからアップロードするようにしましょう。

3、公序良俗に反する書き込みをしない

犯罪予告や脅迫、業務妨害に当たるような書き込みをしてはいけません。悪ふざけや冗談であっても、これらの行為は犯罪になります。

4、他人の写真、著作物を無断でアップロードしない

街なかで有名人を見掛け、写真を撮り、インターネット上にアップロードすると、肖像権の侵害になります。他人の写真をアップロードする場合は、必ず本人の許可を取りましょう。又、他人の写真、イラスト、音楽、動画などの著作物を無断でアップロードすると、著作権の侵害になります。

5、インターネット上で知り合った人と実際に会う場合

最近では、インターネット上で募集している勉強会やイベントなど、インターネットから新たな人と知り合う機会も増えています。それらのイベントに参加する場合などは、そのイベントが安全なものかどうか、よく確認しましょう。又、未成年の場合は必ず事前に保護者の方に相談しましょう。

6、パスワードは厳重に管理しましょう

多くのユーザは、どのインターネットサービスでも同じパスワードを利用しています。その為、1つのサービスのパスワードが知られてしまうと、他のサービスにもログインされてしまう危険性があります。第三者に知られてしまわないよう、注意して管理しましょう。又、なるべく長く、英数字記号を混ぜたパスワードを設定することで、ハッキング(クラッキング)されにくくなります。
(詳細:ブルートフォースアタック

各ソーシャルメディアサービスを利用する際の注意点

世の中に存在する様々なソーシャルメディアサービスには、それぞれの規約(ルール)と注意しなければいけないポイントがあります。ルールとマナーを守って、正しく利用しましょう。

Twitter

1、一度に大量のユーザをフォローしてはいけません

短時間での大量のフォローは、スパム(迷惑)行為を見なされ、アカウントを凍結される場合があります。フォロワーを増やす目的で、大量にフォローする行為はやめましょう。

2、誰かのツイートをRTする際の注意点

面白いニュースを見掛けると、そのツイートをRTして広めたくなりますが、そのニュースが誰かのガセネタだった場合、ガセネタを広めてしまうことになります。怪しいなと思ったら、少し自身で調べてみてからRTするようにしましょう。同様に、面白い画像などの投稿は、誰かの著作物を無断でアップロードしている場合も多々あります。著作権侵害に加担してしまわないように、注意しましょう。

3、GPS機能を使用する際の注意点

Twitterには、現在の位置情報を付加してツイートする機能があります。知られたくない場所からツイートする際は、必ずこの機能をOFFにしてツイートしましょう。又、写真に付加されているジオタグ(撮影場所などの情報)は、公式アプリからアップロードした場合は、このジオタグは自動的に削除されます。

Facebook

1、個人情報の公開範囲

Facebookは実名を基本としたSNSです。一般に知られたくない情報、投稿の公開範囲は注意して設定しましょう。又、実名以外での登録は、Facebookの利用規約に反する為、アカウントが凍結される場合があります。

2、不審なお友達申請には注意

誰だか知らない人からお友達が来た場合、そのアカウントは個人情報を収集する為に作られたアカウントである場合があります。見に覚えのないお友達申請は、基本的には無視しましょう。